シリコンバッグを抜去して再手術をすることにしました

色々と苦労はあったけれど

男性として生まれてきたわあたしですがより女性らしくなりたいと思い色々と苦労はあったけれど

その後、複数回、通院して約9か月くらいで安定した状態になりました。
それからは女性らしさを感じさせるような身体になったので、ようやく自分でも納得できるようになりました。
しかしその後、半年ほどしたころにバストを触ったところ、部分的にとても硬くなっているところがあったので気になりました。
もしかして病気かもしれないとクリニックを受診したところ、シリコンバッグが原因で部分的に硬くなっていることがわかり、それを改善するためには抜去するしかないということでした。
バストが石のように硬くなってしまったことは不安ですし、触ると違和感を感じることがあったので、抜去手術をすることにしました。
そして、今度は自分の体から抽出した脂肪を注入する手術を行うことにしました。
シリコンバッグを抜去したときは、以前のように胸が平になってしまったので喪失感がありましたが、その後、再び脂肪注入手術をしたことで、以前よりも自然な胸を手に入れることができました。
シリコンバッグを入れるときよりも、脂肪注入手術の方が費用は高くなりましたが、永久的に効果が持続しますし、触った感じがとても自然なところに満足を感じています。
紆余曲折がありましたが、ようやく自分のなりたい身体を手に入れることができたので、毎日が楽しいです。